コロンやオードトワレなど香水の違い。クロエやボディミストも徹底解剖!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

香水瓶

香水を買いに行ったとき、いろいろな種類があって迷ったという経験はありませんか?

一口の香水と言っても種類によって香りの持ち時間も違いますし濃度も変わってきます。

そこで、香水のそれぞれの違いについてまとめてみました。

Sponsored Link

香水の違い

ふわ…っと優しく香る香水は付けている人の魅力を引き出してくれますよね。

そんな香水にはいくつかの種類に分けることができます。

◆パルファム(Parfum)

香水の種類の中ではエタノール濃度が一番高い15~30%のものをいい、香りの持続時間が5~12時間と最も長いのが特徴です。

少し付けただけでも香りやすく、価格は高めに設定されているようです。

◆オーデパルファム(Eau de Parfum)

パルファムの次にエタノール濃度が高く、10~15%配合されています。

香りは5~12時間ほど持ち、パルファムよりも価格が抑えてあるので同じ効果を狙いながら割安というメリットがあります。

こちらも少量で香りやすいのが特徴です。

◆オーデトワレ(Eau de toilette)

エタノール濃度が5~10%配合されており、香りの持続時間は2~5時間ほどになります。

濃度がそれほど高くはないため、日常的に使いやすい香水だと言えるでしょう。

会社で特に規定がなければ、職場に付けていくことも可能です。

香りが柔かく立ちあがります。

◆オーデコロン(Eau de Cologne)

エタノール濃度が一番低く、1~5%配合されています。

香りは1~2時間ほど持ち、『香り過ぎてキツイ』という状況にはなりにくい香水です。

ほのかに香るので、シャワーのように振りかけても大丈夫でしょう。

Sponsored Link

クロエの香水の違いは?

香水と言えばクロエと言えるくらい、多くの女性から支持されている香水ですよね。

クロエにはオードパルファムとロードクロエオードトワレの2種類があるのですが、どんな違いがあるのでしょうか。

まずは香りやすさや持続時間で見てみると、エタノール濃度が高いオードパルファムのほうが上だと言えるでしょう。

香りについても違いがあると言われていて、オードパルファムはふんわりとした高級感のある香りなのだとか。

女性らしい香りとも言われています。

そしてロードクロエオードトワレはハーブ石鹸のような香りだという声があります。

香りの好みは人によって違うので、テスターで試してみることをおすすめします。

ボディミストは香水に入る?

ボディミストも良い香りがするので『香水の一種?』なんて思っている人もいるかもしれませんね。

しかし、ボディミストと香水は全くの別物になります。

ボディミストは香りがついている化粧水で、主に体に使うものです。

美容液成分、保湿成分等も含まれているので香りだけ身にまとう香水とは違います。

香水は香りでアピールができますが、ボディミストは肌を保護することを主な目的にしているのでアピールという面では劣ってしまうでしょう。

ただ付けたときに良い香りがするので気分のリフレッシュに繋がりますし、香水よりもお手頃価格で手に入るので、気分によっていろいろと変えてみるのも楽しいですよ。

ちなみに香りの持続時間はとても短く、長くても1時間くらい

お出かけの直前に付けるのはポイントですよ。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る