トレーナーとスウェットの違いは実は…。

トレーナーとスウェット。

さて、このふたつの違いは何でしょうか。

あの服はトレーナーなのでしょうか、スウェットなのでしょうか。

パーカーとの違いも併せてわかりやすく説明します。





トレーナーとスウェットの違い

結論からさきに言うと、トレーナーとスウェットは実は同じものを指します。

どちらも、「運動競技のトレーニング・練習用として着る上着」のことです。

また、運動時だけでなく、カジュアルファッションとしてもよく利用されています。

トレーナーには、肩・腕が動かしやすいラグラン袖、袖口・衿まわり・裾はゴム編かリブ編が採用されていることが多いです。

英語では「sweatshirt(スウェットシャツ)」と言います。スウェットは本来生地を指す名前で、汗(スウェット)の吸水性が高いのが特徴です。

一方、トレーナーというのは和製英語になります。

ボクシングジムのトレーナーがよくスウェットを着ていたことから、または、トレーニングウェアが変化してトレーナーと呼ばれるようになったと言われています。

ちなみに、スウェットシャツ(上)とスウェットパンツ(下)の上下セットで「スウェットスーツ」と呼ばれます。

パーカーとの違い

パーカーは「フード(帽子)が付いた上半身用の衣服全般」を指します。

トレーナー、スウェットに対してどう違うのかと考えるならば、この「フードが付いているかいないか」という点になります。

ただし、ダッフルコートなど、フードが付いていてもパーカーとは呼ばないものもあります。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る