マドレーヌ・マフィン・フィナンシェ の違い ~カロリーや型から簡単レシピまで~

mafin

焼き菓子の中でも人気があり、お土産としても定番のマドレーヌ・マフィン・フィナンシェ。

形の違いは一目瞭然ですが、他にも違いはあるのです。

気になるカロリーから、型、レシピの違いなどを調べてみました。

Sponsored Link

マドレーヌ・マフィン・フィナンシェの違い

◆マドレーヌ
フランス発祥の焼き菓子。名前の由来は初めて作ったマドレーヌという女性の名にちなんでいるそうです。

主な材料は薄力粉、全卵、砂糖、溶かしバター、ベーキングパウダー。お好みで香料やブランデー、レモンの皮などを加えます。

口当たりはふんわりとしています。

◆マフィン
パン・もしくは焼き菓子の一種。カップケーキ状のアメリカ式と、丸型で焼いたイングリッシュ・マフィンと呼ばれるイギリス式があります。

主な材料は薄力粉、卵、砂糖、バター、ベーキングパウダー、牛乳です。フルーツやナッツ、チョコチップなどのトッピングを加えたものもあります。

口当たりはレシピやトッピングによりパサパサ・しっとりなど様々です。

◆フィナンシェ
フランス発祥の焼き菓子。フィナンシェとは、フランス語で「金融家」や「金持ち」と言う意味です。

主な材料は薄力粉、卵白、砂糖、アーモンドパウダー、焦がしバター。

ポロポロと崩れやすく、口当たりはしっとりしています。

マドレーヌ・マフィン・フィナンシェ、カロリーはどれが一番高い?

一般的なレシピで作られたマドレーヌ・マフィン・フィナンシェを比べた場合、カロリーの高さはどのような順になっているのでしょう。

結論としては、マドレーヌ<フィナンシェ<マフィンです。

マドレーヌが一個約120~150kcal、マフィンは1個約200~300kcal、フィナンシェは約150~180kcalと、大きさやお店ごとの微妙な配分の違いによって開きはありますが、いずれにしてもこの3つではマフィンが一番カロリーが高いようです。

マドレーヌ・マフィン・フィナンシェの型の違いは?

◆マドレーヌ
本来は貝殻の形をしたシェル型を使用しますが、同じ生地をふちが波形になっているタルトレット型で焼く事もあり、決まった形でないといけないというわけではありません。

◆マフィン
高さのある丸いカップになっているマフィン型を使用します。

◆フィナンシェ
小さな長四角の金塊型と言われる型を使用します。

マドレーヌ・マフィン・フィナンシェ、形はまったく違いますが、どちらもシリコンや金属などいろいろな素材の型が販売されています。

シリコンは洗いやすく取り出しも簡単で、金属は丈夫で熱の伝わりもよく焼き色も綺麗につくと言う特徴があるので、自分の好みにあった素材の型を使うと良いですね。

Sponsored Link

マドレーヌ・マフィン・フィナンシェの簡単レシピ

◆マドレーヌ
シェル6個分(8号カップで10~12個分)
材料:卵2個、バター50g、薄力粉50g、ベーキングパウダー小さじ2分の1、砂糖60g、レモン汁小さじ1、型に塗るバター

①バターをレンジか湯煎で完全に溶かす。
②別のボウルに卵を入れて軽く泡立てたら砂糖を加え、もったりするまで混ぜ、レモン汁を加えて更に混ぜる。
③②のボウルに粉類を合わせてふるい、ゴムベラでさっくり混ぜる。溶かしバターを3~4回に分けその都度混ぜ合わせる。
④バターを塗っておいた型に生地を8分目まで入れ、180度に予熱しておいたオーブンで10~15分焼く。
⑤焼きあがったら網の上に乗せて冷まして完成。

◆マフィン
直径6cmのマフィン型6個分
材料:全卵1個、バター60g、薄力粉120g、ベーキングパウダー小さじ1、砂糖60g、牛乳60g、バニラエッセンス適量、型に塗るバター

①室温に戻したバターを練り、砂糖を加え白っぽくふんわりするまで混ぜる。
②溶き卵を3回ほどに分けて加え、その都度混ぜ合わせる。バニラエッセンスも数滴加えて混ぜる。
③薄力粉とベーキングパウダーをふるい、②に半分混ぜ、ゴムベラでさっくり混ぜる。
④③に牛乳の半量を加え、混ぜる。
⑤残りの粉を入れて混ぜ合わせた後、牛乳の残りも加え、ムラがないようさっくり混ぜ合わせる。
⑥バターを塗っておいた型に生地を8分目まで入れ、180度に予熱しておいたオーブンで30分焼く。
⑦焼きあがったら網の上に乗せて冷まして完成。

◆フィナンシェ
フィナンシェ型16個分
材料:卵白2個分、バター65g、アーモンドプードル50g、薄力粉30g、砂糖70g、型に塗るバター

①バターを鍋で溶かし、鍋をゆすりながら褐色色になるまで煮詰める。焦がしバターが出来たら鍋底を濡れ布巾で当て、熱いうちに茶漉しなどで漉す。
②ボウルに卵白と砂糖を入れよく混ぜ、アーモンドプードルと薄力粉を加えゴムベラでさっくり混ぜる。
③焦がしバターも加え、ボウルの底からしっかり混ぜ合わせる。
④バターを塗った型に生地を8分目まで入れ、170度に予熱しておいたオーブンで15~20分焼く。
⑤焼きあがったら網の上に乗せて冷まして完成。

※いずれも、シリコン製や紙製のときは型に塗るバターは必要ありません。

マドレーヌ・マフィン・フィナンシェの違いをご紹介してきましたが、いかかでしたでしょうか?

似ているようで、違う部分がいろいろあるのですね。

作る時や食べる時に、この違いを感じながら味わうのも楽しいかもしれませんね!

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る