昇進・昇格・昇任・昇級ー意味の違い:昇給はある?

 

企業や役場などに勤めていると、単にお金だけではない欲求や衝動が働きます。

日々の頑張りが認められたと感じるのが、「昇進・昇格・昇任・昇級」といったもの。すべて何かが「昇って」いくわけですが、これらの意味はどう違うのでしょうか?

そしてやっぱり、「昇給」も気になるところ。

調べてみました。

Sponsored Link

昇進

これは、地位や役職(肩書)が上がることです。

課長から部長に「昇進」します。

昇格

昇格は、その人の能力・スキルなどを表す「等級」が上がることです。

少しややこしいですが、企業によっては「職能資格制度」というものを設けていて、社内での試験や研修、面接や推薦などによって「こいつはできる奴」と認められたときに上がります。

しかし昇格したからと言っても課長は課長のままであり、昇進とは別の話です。

昇任

昇任とは、一般的に公務員など公の仕事で使われる言葉で、現在よりも上の階級のポストに上がることです。

昇給は?

気になる昇給ですが、これはもちろん給料が上がることです。

ですが、定期的に支払われる給料が上がることを指し、ボーナスなどの臨時のものは含まれません。

 

また、昇給には2つのタイプがあります。

個人的な勤続年数や勤務態度・能力などを考慮して昇給するものを「定期昇給」と呼びます。

これに対して、社員全員の給料が底上げされるものを「ベースアップ」と呼びます。企業の賃金に関するニュースで「ベア」という言葉を聞きますが、これはこの「ベースアップ」の略です。

 

実際にどういった場合に昇給するのかは、勤務先の規定次第です。

職種や企業規模などによって、本当に様々でしょう。

一般に昇進すると昇給することが多いようですが、会社によっては必ずしもそうとも言えないようです。

位や等級が上がることは、それ自体、勤務先から認められているわけですから嬉しいものです。

さらに昇給も、と考えるなら、勤務先の規定や方針をよく知って、何に力を注ぐべきかをよく見てみましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る