CEOとCOOの違いは分からなくて当然!CFO・CIO・CTOのことも。

当然のように日々目にし、耳にする言葉でも、意外とその意味がよく分かっていない言葉って多いものですよね。

「CEO」や「COO」という言葉もそうだ、という方も多いと思います。

何度かその違いは聞いたことがあっても、そもそもそれらの意味自体がよく分からないから、その違いも当然分からない。

そんなわけで、そこをはっきりさせようと調べてみました。

すると、調べるほどに「こりゃ、分からなくて当然だ」なことが分かってきました。。。。

ついでに、「CFO」「CIO」「CTO」の意味も調べてみました。

Sponsored Link

CEOの意味

最初に言っておきますが、よく分からなくなってくる理由は、CEOやCOOというものは「アメリカの組織の話」だからです。

日本とは組織の形や、会社の運営への考え方などが違いますから、そこへアメリカの組織の言葉を当てはめることでややこしくなってくるのです。

時が経てば、日本にもその概念がいずれ定着するのでしょうけどね。

 

CEOとは「Chief Executive Officer」の各単語の頭文字をとったもので、「最高経営責任者」と訳されることが多いようです。

非常におおざっぱに言うと、会社のなかで一番偉い人(経営に権限と責任のある人)となりそうです。

 

そう聞くと「社長」とイコールと思うかもしれませんが、日本の会社の場合「会長」が「一番偉い(経営に権限と最終責任がある)」なる場合も多いようです。

あくまでもポイントは、会社のなかで「一番偉い(経営に権限と最終責任がある)」というところです。

 

まだピンとこないかも知れません。

次以降を見ていくと、もう少しイメージをつかめるでしょう。

 

COOの意味

COOとは「Chief Operating Officer」の各単語の頭文字をとったもので、「最高執行責任者」と訳されます。

会社の持ち主の集まり(株主総会)や、会社としての経営上の意思を決める人たちの集まり(取締役会)で決められた方針を、実際の活動として行う責任者のことです。

CEOは経営の最終責任者でしたが、CEOのもとで(ある意味2番手として)、実際に仕事として形にしていくことの責任を担います

Sponsored Link

もう一つのややこしい訳

どうしてもややこしくなってしまいますよね。

その訳は、最初に書いたように「アメリカの話」を日本で使おうとするから、ということが一番ですが、もう一つあります。

 

日本の会社、特に小さな会社の場合、いわゆる「社長」が「会社の持ち主(株主)」であり、「会社のなかで一番偉い人」であり、「会社としての経営上の意思を決める人(取締役)」であり、「決められた方針を、実際の活動として行う責任者」であるからです。

つまり、社長一人で全部やっているのです。

だから、「CEO? 社長のことだよね?」「え、COO? これも社長のことだよね?」みたいなことになってくるのです。(しかも、CEOもCOOも、どちらもイコール社長ではありませんしね。COOは「副社長」だったりすることもあります。)

 

ややこしいです。

なので、実際の使われ方も人・会社によってばらつきがあります。

 

CEOとCOOの違い

CEOとCOOの違いをまとめると、CEOは会社の経営上の最終責任者であり、COOは決められた経営方針を実行に移す責任者ということになります。

 

おすすめは、「CEO」も「COO」もこのように理解しておき、それが「社長」なのか「会長」なのか「〇〇役員」なのか、などと結びつけて考えないことです。

それらが別々の話だと思っておけば、そこの混乱は無くせるでしょう。

Sponsored Link

CFO・CIO・CTOのことも

CEOやCOO以外にも「C●O」という名前の役職はいろいろとあります。

ここでは、「CFO」「CIO」「CTO」をざっと見ておきます。

 

CFO

CFO(Chief Financial Officer)は、「最高財務責任者」と訳されます。

財務や経理といった「お金」に関わる業務の責任者のことです。

CIO

CIO(Chief Information Officer)は、「最高情報責任者」と訳されます。

会社の情報システムや情報の流れといったものに責任を持つ役職名で、コンピューターとかIT関連領域の責任者に付けられることが多いようです。

 

CIOは他にも、

Chief Information Officer:「最高投資責任者」のこと。文字通り、(投資ファンドでの)投資の責任者。

Chief Integrity Officer:「最高法令遵守責任者」のこと。法律を守れる体制づくりやその運営に責任のある人。

であったりします。

 

最後に

慣れない人には、頭がぐるぐるしてきそうな内容だったかと思います。

そんな場合は、これらの役割を、家庭に当てはめてみると腑に落ちるかもしれません。

家庭運営で一番権限のある人(CEO)は誰で、決められた方針を忠実に実行に移すべき人(COO)は誰でょうか?

お金を握っている人(CFO)は誰でしょうか?

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る