気管支炎・喘息・風邪の違い-症状・併発・食べ物の他、幼児・子供の場合についても。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

kaze1咳が出るため医者に診てもらうと風邪と言われたり、気管支炎や喘息と言われた経験はありませんか。

気管支炎と喘息の症状はよく似ていますが全く別物だそうです。

咳をしている子供の姿を見ると辛そうな時があります。

幼児の場合は小児喘息かもしれません。

素人では分かりづらいですが知っておく必要がありますね。

違いを調べてみましょう。

Sponsored Link

気管支炎・喘息・風邪の違い

風邪

熱や咳が出てのどに痛みを覚えたり鼻水が出たりします。

そして風邪は急性上気道炎と言われ、鼻から喉にかけての上気道部分がウィルスに感染しておこる症状です。

原因はウィルスですが殆ど自然治癒力によって回復します。

気管支炎

気管支はさらに奥の、線毛が生えた上皮と粘膜を分泌する杯細胞に覆われた空気の通り道です。

この気管支粘膜にウィルスなどが感染し炎症することを気管支炎といいます。

風邪が悪化すると気管支炎になるという場合もあります。 

気管というのは喉頭から左右の気管支に分かれるまでの間、約10㎝の細長い気管部分の事です。

左右に割れた気管支は肺門から肺に入り、木の枝状に分岐して肺胞になります。

気管支は左右に差があり、右の気管支は左に比べて太く短く、なおかつ肺門に入り角度が急なため、異物は右の気管支に入ることが多いといわれています。

気管支炎の種類

急性気管支炎と慢性気管支炎があります。

◆急性気管支炎の原因と症状

急性気管支炎の主な原因は、ウィルスや細菌が気管支の粘膜に感染して発症します。

主なものはインフルエンザウィルスやアデノウィルス、ライノウィルスなどがあります。

ウィルス以外にも細菌や病原体によって発症します。

主なものは肺炎球菌、マイコプラズマ、肺炎クラミドフィラなどがあります。

急性気管支炎は風邪(感冒)と合併し気管支粘膜の炎症によって発熱と痰を伴う咳が出る特徴があります。

◆慢性気管支炎の主な原因と症状

慢性気管支炎の主な原因は喫煙、受動喫煙、大気汚染、家庭や社会にあふれている刺激物質の吸引などがあります。

症状は発熱、咳、痰、食欲不振、倦怠感、胸の不快感などの症状があります。

慢性気管支炎は、痰と咳を伴う症状が1年の間に3か月以上続き、これが2年に亘ってこのような状態が続く場合を慢性気管支炎といいます。

慢性気管支炎は冬場に悪化する傾向があり、成人や高齢男性に多くみられます。

喘息

喘息は気管支がアレルギーに反応して慢性的な炎症を起こす症状をいいます。気道が狭くなり空気の通りが悪くなって、咳や痰が絡み喘鳴(ぜんめい/喉から出るヒューヒューやゼイゼイした音)や、動悸、息切れによる呼吸困難になることが特徴です。

気道が急に詰まって息苦しくなり喘鳴が聞こえ、さらに進むと呼吸困難によって横たわることもできず、座らなければ呼吸ができなくなります。

この様な発作は一般的には一時的なものですが、気管支拡張薬の吸入などで自然におさまることが多いようです。

治療には吸入ステロイド薬を中心に、抗炎症治療による長期的な治療が必要となります。

喘息はたばこや煙で炎症を起こした軌道が刺激され、過敏に反応し気道の収縮が誘発されます。

慢性的に炎症が続くと気道の壁が分厚くなり、内腔が狭くなってしまいます。

こうなってしまうと治療は大変難航します。

Sponsored Link

子供の咳に要注意!幼児の場合は小児喘息かも!?

kaze2

小児喘息は3歳までに80%の率で発症するようです。

幼児の呼吸に喘鳴が聞こえたら、喘息の可能性があります。

早期の治療で治るようです。

原因はアレルギーによるものが多く、アレルゲンは成人と同じです。

家族に喘息を持っている場合、喘息を発症する確率は高くなるようですよ。

小児喘息は思春期までに約70%の人が自然に治まるようですが、治療をやめて放置すれば重症化する可能性があります。

医師の指示に従って、適切な治療を行い、アレルギーの体質改善がなされれば、小児喘息も改善されるようです。

喘息に効く食べ物

・ぎんなん

肺を温めて咳を沈める効果があります。

滋養強壮のため食べ過ぎは危険です。

5~6個が適量です。

・ユリ根のスープ

・大根おろし汁と蜂蜜

・しその葉と実のスープ

喘息に危険な食べ物

・メロンやキウイなど果物

メロン、キウイ、グレープフルーツ、及びこれらのジュース

・刺激の強い香辛料

コショウ、ワサビ、唐辛子など

・魚介類

サバ、イワシ、アジ、カニ、エビ、ホタテ、たらこなど

こんなにたくさん挙げると食べるものがないと思われるでしょうが、これらのアレルギーを持っていなければ心配ありません。

まとめ

風邪を軽くみては怖いですね。

酷くなると気管支炎になっていたというケースもあります。

もっとひどくなると肺炎を引き起こす場合もあります。

しかし風邪から喘息になることはないとのことですね。

風邪や気管支炎はウィルスが原因で、喘息はアレルギーが原因です。

酷い喘息で咳を伴った人と接すると、ついついうつされるのではないかと顔を背けがちですが、風邪のように人にうつる病気ではないということも分かりました。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る