ちくわとちくわぶの違いと関係-煮物にピッタリ人気者!レシピやカロリーのことも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

chikuwa1ちくわとちくわぶの違いについて深く考えたことはあるでしょうか?

『ぶ』があるかないかだけの、単なる違いだけではありません。

原材料も違う全く別物なのです。

今回は、ちくわとちくわぶの違いを探ってみましょう。

Sponsored Link

ちくわとちくわぶの根本的な違い

ちくわ

魚肉のすり身を棒に巻き付けて、焼いたり、蒸したりしたもの。

棒を抜いて筒状になったものが竹の切り口に似ていることから「竹輪(ちくわ)」と名付けられました。

ちくわぶ

小麦粉に塩と水を混ぜたものをこねて、茹でたり蒸したりしたもののことで、その形が竹輪(ちくわ)に似ていることから「竹輪麩(ちくわぶ)」の名前が付きました。

 

調べてみると、材料が全く違いましたね。

当然食感も違い、ちくわぶは竹輪よりもうどんやほうとうに食感が近いと言われています。

ちくわもちくわぶもおでんにはよく合います。

ちくわの磯辺揚げレシピ

もちろん、他にも美味しい食べ方があります。

そのひとつとしてちくわの磯辺揚げのレシピをご紹介します。

 

ちくわを縦切りで半分にします。
小麦粉に水と青海苔を入れて天ぷら粉を作ります。
ちくわに天ぷら粉を絡ませて油で揚げれば出来上がりです。
ちくわを切らずに、穴にチーズやウインナーを差し込んで揚げても美味しいですよ。
チーズはプロセスチーズを使った方が溶けずにチーズの食感を楽しめます。

ちくわぶのレシピ

ちくわぶは東京を中心としたエリアのローカル的な食材のため、関東圏以外ではなかなか手に入りません。

食べたい方は以外と簡単に作れます。

 

まず、小麦粉に塩と水を混ぜて捏ねます。

適度な固さ(適度に粘りけのある状態)になったら太めの棒にヘラを使って巻き付けるようにします。

それを茹でるか、蒸せば出来上がりです。

ちくわぶは小麦粉だけで作られているので、癖がなく、食感がうどんに近いため、お餅の代用品になります。

おしるこやぜんざいのお餅がわりに、みたらし団子のたれを付けて食べても美味しくいただけます。

Sponsored Link

ちくわとちくわぶの煮物は美味しい?

chikuwabu2

ちくわもちくわぶも煮物にはぴったりです。

両方とも出汁がよく染み込む食材なので是非お試しください。

醤油,みりん,砂糖,水,お酒,本だしで煮汁を作って、大根,人参,こんにゃくなどと一緒に適度にカットしたちくわやちくわぶを入れてコトコト煮込むと出来上がりです。

ちくわ、ちくわぶのカロリーは?ダイエット向きの食材?

ちくわのカロリーは100gあたり120.9 kcal

ちくわぶのカロリーは100gあたり170.9 kcal

これがどれくらいかと言いますと、かまぼこのカロリーが100gあたり94.9 kcal、豆腐のカロリーが100 g あたり55.9 kcalと他の食材と比べても高カロリーです。

ちくわやちくわぶの煮物や揚げ物を食べるときは、食べ過ぎに注意してくださいね。

ちくわとちくわぶのどちらが売れ筋商品?

ちくわは漁港のある土地では必ず名産品として売られているほどの全国的なメジャー商品です。

都道府県別消費量(年間)は1位徳島県55本・2位熊本県33本・3位奈良県32本です。

西日本の県がトップ3を占めています。

これに対してちくわぶは、東京を中心とした関東圏での販売が主流で、他の地域ではほとんど見掛けることはありません。

関東圏ではおでんの具材としてはメジャーなのですが、関西や西日本のおでんにちくわぶが入っていることはありません。

関西のおでんには普通の竹輪ではなく焼き竹輪といわれる太いちくわを用いることが多く、料理に応じてちくわを替えるなど、ちくわの食文化が他の地方以上に進んでいます。

ちなみにちくわの名産地といえば愛知県豊橋市をあげる人が多いです。

ちくわとちくわぶはどこかに関連性がある?

ちくわの歴史は古く弥生時代からあったとも言われています。

元々はかまぼこから派生したもので竹輪蒲鉾が略されて竹輪と呼ばれるようになりました。

江戸時代には高級品として普及したそうです。

ちくわぶは高級品だったちくわに似せて作られたという話や、京生麩(きょうなまふ)をもとにしていたという説など色々ありますが、竹輪よりも起源が新しいのは確かなようです。

ちくわぶが関東圏から西へ広まらなかったのは、神奈川県の小田原市が練り物(蒲鉾や竹輪のこと)の本場であったため、ここを越えて普及することがなかったとされています。

関係性と言うほどではありませんが、ちくわがあったから、ちくわぶが生まれたと考えてもいいかもしれません。

まとめ

東京を中心とした関東圏以外ではなかなか口にすることのないちくわぶですが、東京の人たちはおでんにちくわぶがないのは考えられないと言うほどの人気食材です。

ちくわは全国各地で変わり種のちくわが作られるなど、地域に根差した食材として多く食されています。

どちらにしても、美味しく調理して食べれば、気分がホッこりする食材であることは間違いないようです。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る